Dark inside me

いろんな記録

プロヴァンス物語/マルセルの夏、マルセルのお城

プロヴァンスという響きに弱い。
そんな理由で鑑賞。タイトルって大事~。
1990年に公開されたこの作品、古いけど古くない。
そして主人公のマルセル役 Julien Ciamanca が美少年。

フランスの国民的作家マルセル・パニョルの自伝的小説
「少年時代」3部作を映画化したそうです。

マルセルが9歳になった夏のプロヴァンスの別荘での出来事が
マルセルの夏
その続編がマルセルのお城
という2本になっていますが
君の名前で僕を呼んで』的な要素は一切ありません。

キアヌ・リーブスの幼少時代か?と思うようなルックスの主人公。
映画出演はこの2本だけのようです。

原作者マルセル・パニョルが1895生まれで、9歳の記憶ですと
1904年ころのお話ということになります。
日露戦争の年です。

前半、マルセルの誕生から、両親の話、母親の姉の話
学校の話、弟誕生の話、などがあって
9歳に成長したときに、避暑に行きます。

移動距離の半分くらいが徒歩だったような?
そして、岩だらけの丘にポツンと別荘があるのですが
どうやってひと夏の食糧を調達したんだろ?っと感じの
場所でした。

しかし、井戸があるようで、水は自由に使える模様。
そんな現実的なことを置いておいて。

プロヴァンスの丘で、マルセルは同じ年くらいの少年リリと出会います。
リリもまた美少年で聡明です。
学校には行っていないけど、自然を愛して自然からも愛されるような
穏やかな、みんなが好きにならずにはいられないような。

マルセルの夏の方は、ほのぼのエピソードで
続編を楽しみに見ました!
マルセルのお城も見てよかった!
というか、見られなかったら後悔してた!


LA GLOIRE DE MON PERE マルセルの夏

LE CHATEAU DE MA MERE マルセルのお城
1990年
監督・脚本イヴ・ロベール